小さなころから作ることが好きでした
「作る喜び」をみんなに知ってもらいたいと思っていました
「作ったものを使う喜び」も知ってもらいたいと思っていました

作った人の自己満足でなく、誰が見ても持ちたくなるバックに出会い
「作る喜び・使う喜び」を両方伝えることが出来ると思いました

素敵なバック!
えっ!作ったの?と言われます
私は無理!不器用だから!とおっしゃった方も大丈夫でした

好きな色を選んで
キラキラ可愛いバック
シックで大人なバック

自分好みのバックを作って使ってみませんか?

PAGE TOP
MENU